部分入れ歯でコンプレックス解消|自分の笑顔が好きになる

歯の検査

歯並びを改善

白い歯

左京区の歯科クリニックではマウスピース矯正治療が人気です。時と場所によって矯正器具を取り外すことが出来るため、従来の矯正治療よりも利用しやすいのです。メリットとデメリットを理解したうえで治療のスタートを検討してみましょう。

詳細

徹底した衛生管理

医師

見沼区で歯科治療を行なう際には、徹底した衛生管理がされているような歯医者さんを選ぶようにしましょう。衛生管理が行き届いていないと、感染症などにかかる恐れがあります。

詳細

銀歯の見た目を改善

歯科

越谷市では歯の黄ばみやくすみと同様に、虫歯を治療した後の銀歯や金歯を気にする人は多いです。銀歯が気になる場合、歯医者さんでコンポジットレジン治療をうけることで綺麗な見た目の歯を手に入れることが出来ます。

詳細

費用と審美性のバランス

白い歯

虫歯や歯周病、事故などあらゆる理由で、歯を失ってしまうことはあります。永久歯の歯は一度失ってしまうと、残念ながら二度と生えてくることはありません。他人とおしゃべりをする時も、ふいに笑顔を見せる時も、失ってしまった歯を気にしながら人生を過ごしていかなければなりません。

そのように歯を失ってしまった場合には、歯科クリニックで専門的な歯科治療を受けることが出来ます。失われた歯の機能や審美性を取り戻す方法には様々な種類がありますが、費用と実用性を考えた場合に入れ歯という選択をする人は多くいます。ですが今までに部分入れ歯を利用したことがない場合、具体的な使用方法や費用を把握していないでしょう。部分入れ歯を選択する際には、実際にかかる費用と使いやすさの両方のバランスをしっかりと考えておくことが大切です。

まず部分入れ歯の治療をする際には、保険適用か保険外かで費用、機能性、見た目が変わります。まず保険適用内であれば部分入れ歯の費用相場は5000円から1万3000円程度になります。基本的に入れ歯は最初に作成した時から半年間は無料で細かな調整を行なったり、一から作り直したりすることが出来ます。しかし紛失してしまった際には全額自己負担で作り直さないといけなくなるため注意しましょう。

一方、保険適用外で部分入れ歯を作った際の費用相場としては、1万円から70万円とその幅は大変広いものになります。自由診療になるため費用は高くなりますが、それと同時に入れ歯の性能や審美性は格段に向上します。機能性に関しても特殊なプラスチック素材を使用すれば、咀嚼時の違和感を少なくすることが可能です。どちらにしても、クリニックによって取り扱っている部分入れ歯の種類は異なるため、担当する医師に確認しておくといいでしょう。